腎臓病向けの食事を摂取する|健康への道しるべ

Smile

食事制限の取り組み方

介護

食事療法を行うことになる腎臓病においては指導を受ける際に、ただ制限の数値を聞くだけではなく、具体例を聞くと取り組みやすくなります。また、その基準値は自分の最適値であるとは限らないため、たまには息抜きできると考えた方がうまく腎臓病と付き合っていけます。

詳しくはこちら

食事に気を配ろう

男女

高血圧を改善するためにはやらなければならないことがたくさんありますが、中でも食事療法というのが大切で、塩の代わりにお酢やレモンを使うと味気なさを補えます。宅配サービスというのがあるので、たまには利用しておくと、負担が減らせます。

詳しくはこちら

自覚症状がない腎臓の病気

Smile

頻尿とむくみには要注意

腎臓病には初期症状がほとんどないという特徴があります。というのも腎臓というのは、機能が一定のレベルまで下がらないと自覚症状が出ない臓器なのです。それだけに普段からちょっとした異変にも注意を向けることが必要になります。注意が必要なのは尿の異常とむくみです。夜中に何度もトイレに起きたり、いつもしている指輪や靴がきつく感じるような時はむくんでいる可能性があるので要注意です。また少しの運動でも息切れするようになったり、疲れやすさや倦怠感を感じることが多くなった時も初期症状の可能性があります。腎臓病にとって大切なのは食生活です。病気の予防にもなりますし、症状を改善する食事治療法としても取り入れられているのです。

宅配弁当で家族の負担軽減

腎臓病の食事療法は腎臓の機能の低下がわかった時点で始める必要があります。なぜなら機能が低下すると元の状態まで回復するのが難しいので、なるべく早く食事療法を始めて機能の低下を抑える必要があるからです。食事療法で大事なことは、タンパク質をおさえること、塩分を控えること、カロリーを十分にとること、カリウムとリンを制限すること、水分補給に注意することです。特に日本人は塩分が取り過ぎなので、通常の半分にまで減らす必要があります。しかし食事毎に腎臓病の治療食を作るのは大変なので、宅配弁当を利用することも必要です。特に最近の宅配は腎臓病用の宅配弁当があり、人気を集めています。1日1食だけでも宅配弁当にすれば、家族の負担も減らすことができます。

介護食が購入できます

女性

一般の食事と違ってあるのが医療食や流動食です。特に医療食であれば栄養やその病食について考慮して作られているのです。その医療食のサービスを取り扱っているのがクリニコの業者であり、さまざまな方法で使われています。

詳しくはこちら