腎臓病向けの食事を摂取する|健康への道しるべ

介護

食事制限の取り組み方

介護

具体例を知って取り組む

食事療法を受けることになる典型的なタイミングとして腎臓病を患ってしまったときがあります。腎臓の機能が低下してしまうとどうしても身体の中から余分なものを排出することが難しくなってしまうため、過剰に血液中にあることによって障害が生じてしまうようなものは排除しなければならなくなります。食事療法の指導においては食塩を一日何グラム以下にして下さい、タンパク質の摂取量を一食あたり何グラム以下にして下さいという指導を受ける場合があります。そういった指導を受けても実感が湧かない人がほとんどでしょう。腎臓病の食事療法についての指導を受ける際に注意すべきなのは具体例を聞くということであり、できるだけ多くの具体例を聞くと実感を持って食事療法に取り組んでいくことができます。

食事制限の基準値の実際

腎臓病になってしまって食事制限が厳しいと感じた際にはその意味を少し考えてみると良いでしょう。腎臓の機能が低下してしまって不要物の排出がうまくいかないから過剰摂取しないようにするというのが目的であるというのが基本です。そのため、食事制限をある程度することは必要なのが確かです。しかし、多くの医師はガイドラインにしたがって基準値を提示しているだけであって、必ずしも自分に合った最適値を提示しているわけではありません。これだけ制限すればとりあえずは安心できるという値を示しているだけだということを知っておくことは大切でしょう。そのため、たまに少しだけオーバーしてもそれほど重大なことになることはありません。たまには息抜きも可能であると考えた方が腎臓病とうまく付き合っていけるでしょう。